引越し業者の相場比較!一括見積りで各社の費用を大暴露!2016最新版

1日しか違わないので金額が2倍!?

比較するだけで金額が半額に!?

本日は
知らないと絶対損する
引越しの裏事情を大暴露します。

春は1年で一番引越しの多い季節です。
3月、4月は引越しは卒業や入学、入社、転勤など引越しの件数が最も多くなります。

そして、料金も最も高い季節になります。
3月の最終週がピークとなり引越しの取り扱い件数及び料金的にも一番高額になります。

そんな引越しの費用はなるべく安く押さえたいところですよね。

ただし、安かろう悪かろうで安く済ませても壁や家財に傷をつけられたり大切なものが破損したりという事態になっては困ります。

今回の記事では引越業者の選び方や噂の激安引越しについてご紹介していきます。

大手引越し業者の見積もり相場を比較検証

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s
今回はオススメ業者の5社と世間で話題の格安引越し業者2社の検討です。
まず始めに大手業者の5社をご紹介です。

大手5社

  • サカイ引越センター
  • アート引越センター
  • 日通
  • ハトのマークの引越センター
  • アリさんマークの引越社

引越し業界は基本的には「サカイ」「アート」2強と思われがちですがが実は長年売上額でトップだったのが「日通」です。

2014年にサカイが創業43年で念願の売上げトップとなるまでは日通の独壇場でした。

また、オリコンの満足度調査では「サカイ」「アート」よりも上位に「ハトのマークの引越センター」「アリさんマークの引越社」などがランクインしています。

オリコン満足度ランキング

  • 1位:ハトのマークの引越しセンター
  • 2位:アリさんマークの引越社
  • 3位:サカイ引越センター
  • 4位:ヤマトホームコンビニエンス
  • 5位:アート引越しセンター
  • 6位;ハート引越センター
  • 7位:引越しは日通

参考URL:オリコンランキング

引越し業界の料金相場

今回の引越し業者の比較を見る前に全体的な引越し業者の相場を見てみましょう。

最終的には見積もりをしてみないとわからないところですが全国的な目安は単身引越のパックで4万円~5万円程度でしょう。

リクルート社の運営する不動産関連情報サイト「SUUMO(スーモ)」によりますと
2月から4月の繁忙期における相場は以下の通りです。

単身パックの場合

  • 近距離(~15km):37,000円~51,000円
  • 同一県内(~50km):46,000円~56,000円
  • 同一地方(~200km):44,000円~69,000円
  • 近隣地方(~500km):55,000円~88,000円
  • 遠距離(500km~):68,000円~110,000円

同じように4人家族相当の荷物ですと以下の通りです。

家族4人の場合

  • 近距離(~15km):112,335円~51,000円
  • 同一県内(~50km):127,513円
  • 同一地方(~200km):176,622円
  • 近隣地方(~500km):222,702円
  • 遠距離(500km~):286,938円

ちなみに・・・距離を分かり易く示すとこんな感じです。

  • 近距離(~15km):東京駅~渋谷駅
  • 同一県内(~50km):東京駅~横浜駅
  • 同一地方(~200km):東京駅~富士山
  • 近隣地方(~500km):東京駅~名古屋、新潟、福島など
  • 遠距離(500km~):それ以降

引越しといってもこの様に引越しの荷物は様々です。
まずは見積もりを依頼することから始めるのも納得です。

参照サイト:SUUMO引越し

引越しの見積もり「サカイ引越センター」の場合

Sakai-track
引越しといえば「サカイ」のイメージ強いのではないでしょうか?

1989年頃から2005年まで放送されていた

「勉強しまっせ引越しのサカイ♪」

という歌のCMのイメージが強烈に残っているのではないでしょうか。

そんなイメージ通りサカイの営業スタイルは「値引き交渉」がポイントとなりそうです。

見積もり相場、料金の目安

サカイの見積もりは最初の数字は見積もり相場とあまり変わらない数字で出されることが多いようです。

単身では4万円~5万円から始まり距離に応じて最初の見積もり価格が提示されます。
そして4人家族ではやはり12万円からの見積もりとなる感じです。

しかしながら、この価格について「サカイ」もこのまま決めることはないです。

そこで「値引きの交渉」となるわけです。

作業員の人数を調整したり引越しの日時を変更したりと多少の条件変更をしながら交渉しましょう。

また他の引越し会社も同時に見積りをしてみましょう。

「比較して納得して決める」ということで最安値を確認して仕事を依頼できます。

そういった意味では競合他社の見積もりを数多く取り寄せて比較しオープンにしてしまうことが最安値に導く最短距離かもしれません。

参考ですが一括見積サービスなどは有効です↓

参考:一括見積サービス

引越しの見積もり「アート引越センター」の場合

yjimage
アート引越しセンターは子供に人気のキャラクターをフューチャーすることで小さなお子さんのいる家庭からの一定の需要があるようです。

最近ではディズニーのグッズをプレゼントしたりユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「マジカル・スターライト・パレード」の提供をしたりとキャラクターをうまく使っています。
かといって本業の引越しもサービスは徹底しておりサカイ同様品質も業界トップクラスです。

見積もり相場、料金の目安

アート引越センターの場合も見積もりからの交渉がメインとなります。

相場的には最初の見積もりは全国相場やサカイ同様の価格で
単身では4万円~5万円となるでしょう。

ただ、アートの場合にはサービスが多様化しておりかなり自由なプラン構成が可能となっています。

また、引越しの日程をある程度緩めに決めておいて最終の引越し日程をアートが決めて良いということであれば最大半額というシステムもありサカイと並び最安候補でしょう。

またアート引越しセンターは単身引越しに関してはスマホアプリもあり引越しの場所や所有の家財を入力するだけで概算の費用を算出してくれます。

単身引越スイスイ!お見積り
単身引越スイスイ!お見積り
開発元:art corporation
無料
posted with アプリーチ

引越しの見積もり「日通」の場合

yjimage
日通はサカイに1位を譲るまでは引越し業の売上トップでした。

サカイにトップは譲ったものの引越し業界の最大手には変わりありません。
イメージとしては海外への引越しなどには強いイメージが有ります。

また、日通は物流関係全般に強いイメージで長距離の引越しなどは日通を選びたくなるかもしれません。

サカイやアートほどの派手なキャンペーン等は行っておりませんがその堅実な仕事ぶりが売上上位の秘訣かもしれません。

見積もり相場、料金の目安

日通はやや上記2社よりも費用がかかるイメージが有りますが何より長距離や海外に関しては経験豊富なため安心感はあります。

また、不用意なトラブルを避ける意味でも初期見積から大幅な値下げは行わないようです。

確かに見積もりから交渉で値下げをしてもらうと得したような気にもなりますが逆を返せばそれだけ余力を残した見積もりをしているという印象も受けかねません。
ただ、あとひと押しのような時の相談は多少期待できるかもしれませんので交渉はぜひとも行ってください。

引越しの見積もり「ハトのマークの引越センター」の場合

toku,57
「ハトのマークの引越センター」はオリコンの満足度調査総合1位を獲得しています。

特に目についたのは
「営業スタッフの接客対応」「提案プラン」の2項目で1位

その他
「作業内容」「アフターフォロー」「コストパフォーマンス」で3位、2位、2位という結果でした。

総合的にはいずれも満足度の高さを伺わせる結果となっています。
利用者の声(口コミ)ではスタッフの丁寧な対応へのコメントが際立っていました。

見積もり相場、料金の目安

ハトのマークの引越センターの料金プランは最安ではないようですがそのコストパフォーマンスとしての評価は非常に高いものがあります。

先ほどのオリコンの評価でも「コストパフォーマンス」2位でした。
しかも、そのコスト(費用)については最初の見積もりと最終の費用での差異があまりないことから途中の話の進め方が良かったのかもしれません。

評判を見ている限り基本的には底値に近い価格で最初から見積を出してくるでしょう。

引越しの見積もり「アリさんマークの引越社」の場合

org_img_0
「アリさんマークの引越社」は数カ月前のTV報道などで「ブラック企業」というイメージを持ってしまった方も多いかと思います。

そのイメージや本当にブラックかは別として今のところ従業員の方はいつも以上に熱心に引越しの作業を行ってくれていると思います。

その証拠に同じくオリコンのランキングでは先程の「ハトのマークの引越しセンター」に続き総合で2位となっています。
特に作業スタッフの仕事ぶりに対する評価が高く、作業スポードが早く手際の良さが際立っています。

もちろんコストパフォーマンスも3位ということで期待を持って見積もりをお願いしていいでしょう。

見積もり相場、料金の目安

アリさんマークの引越社についてはコストパフォーマンスも3位ということで相場よりは少し安く上がるでしょう。

また、コストパフォーマンスだけでなく他のサービスにおいても期待していいでしょう。

コストそのものも期待できますがコスト以上の作業の内容に満足度も高いでしょう。

話題の激安引越し業者をチェック!

4e63057b19bb53e3bc9f1db08040eab2_s
これまでご紹介したような大手引越し業者は比較的同じような価格設定となっています。

もちろん値引き交渉をすることでよりお得に引越しをすることができるのですがそれでもこれから紹介する「100円引越し」「500円引越し」といったサービスとは比較にならないと思います。
実際に引越しを100円や500円でできるなら嬉しいですよね!

でも、あまりにも安すぎて実は何か裏があるんじゃないかと不安にもなりますよね。

そんな激安引越しはどうして安いのか?
その理由と正体を調査してみたいと思います。

100円引越しの正体とは?

top
話題の100円引越しとはこんな感じです

100円引越しセンター
100円 引越し アップル引越しセンター

ホームページを覗くとその正体が分かるのですが全く普通の引越し屋さんです(笑)

しかしその距離やトラックにかなり制限があります。

移動距離は30km(関東は20km)まででトラックは2t車だそうです。
距離が指定距離30km(20km)を超える場合は25km毎に5000円の追加料金となります。

そして、この100円引越しの最大の特徴は
「同時にインターネット回線の申し込みをすること」なんですね。

おおよそ市内から同一地域程度の引越しであれば確かに100円でですが同時にインターネットの回線も申し込む必要があります。

もちろん引越しをすると様々な付帯設備などもついてきます。
その機会にインターネット回線の斡旋をさせてくださいというものです。

100円で引越しができる理由

では、どうしてインターネット回線を同時に申し込むと引越しが100円になるのでしょうか。

実はこのインターネット回線の窓口となり契約を取ることで紹介料(代理店のマージン)がかなり入るんですね。
おそらくこれらの引越し業者は1件の成約で数万円の仲介料を得ることになります。

思い出してみてください。
時々「家のインターネット回線をお安くしませんか?」的な勧誘電話がかかってきませんか?

実際にあの電話の主もインターネット回線の開通を紹介することで利益を得ています。

仲介業者の元請けはその紹介に際しある程度の高額の報酬を払ってでもインターネット回線を開通して欲しいという思いがあります。
インターネット回線は比較的解約や移動が面倒ですから一度契約してしまうと変更せずにそのまま使用し続ける方が多く契約が長く続くことになります。

そういった面においては引越しの数万円分を負担してでも扱いたいというわけですね。

もちろん引越しと同時に光回線の契約をしようと思っていた方なら一石二鳥な話ですから素直に加入しても損は無いかもしれません。

100円引越しは本当に安いのか?

一見すると比較的安価なに思えますが100円引越しは本当に安いのでしょうか。

家族4人で50kmの移動で相場では12~13万円でした。

実際に引越しの費用を計算してみますと
50km以内であれば基本費用の100円に追加料金の+5000円となりますので

合計で5,100円。

50km程度の引越しになると単身でも46,000円程度はかかってしまいますからおよそ1割程度の費用で引越しできることになります。

500円引越しの正体とは?

org_img_12
100円引越しと同様のサービス「500円引越し」その正体はどのようなサービスなのでしょうか。

500円引越しのサイト

実際に500円引越のサイトを見てみるとやはり100円引越しと同じくインターネット回線を同時契約することで引越し費用を安く提供してくれるそうです。

インターネット回線の契約を同時に検討しているならとってもお得ですな。

また、インターネット回線は実は契約済という方でもウォーターサーバーを契約することで引越し料金の割引をしてくれるサービスも準備中のようです。

また、500円引越しについては引越し業者が「ハート引越センター」となっています。

つまりハート引越しセンターが運んでくれるので、そういった意味では安心かもしれません。

ハート引越センターはオリコンの満足度調査でも総合6位と評判の良い業者ですからその辺りも好材料となりますね。

実際に引越し業者を比較し見積もりを取ってみる

0658de3ac9032f5f266c427b11b98750_s
いずれにしても実際に引越しが決まったらなるべくはやく見積もりをとってみることをおすすめします。

引越しの相場は何度か引越しをしている人なら問題ありませんが初めて引越し業者に依頼する場合はかなり高額に思えてしまいます。
おなじ市内の引越しでも10万円かかる場合もありますし、単身といえども4~5万円かかることも珍しくありません。

どこに依頼したらよいかわからないようであればなおさら、早めの見積もりをとって相場の雰囲気を見てみてください。
そのうえで500円引越しのようなサービスも同時に比較検討していくと良いと思います。

一括見積もりサービスが便利過ぎる

c668237b52ef9a538f25e4950ef44d38_s
引越しは本当に心身ともに疲労してしまいます。

特に初めての引越しともなればどの業者を選ぶか悩んでしまうと思います。

そんな時にはネットで一括見積もりのサービスを使ってみると良いでしょう。

代表的な一括見積会社
・HOME’S引越し見積もり
・比較.com

最低限の確認の電話が1、2度あるかもしれませんが必要以上の勧誘はないようです。

また、あまりにしつこい勧誘があるようでしたら一括見積もりをしたサイトに連絡をとることでそういった迷惑行為もなくなりますので安心して見積もりを取ってみて大丈夫です。

一括見積もりの特典や値引き交渉について

また、一括見積のメリットとしては一括の見積もりをしたことは基本的に業者にも伝わりますからそれだけでも様々な面での交渉の材料になります。

比較検討しているユーザーだということで業者も慎重になるでしょうし、ネットで比較をしているということは様々な予備知識もあるお客さんだと認識しています。

そのため、業者もあまり適当なことは言えなくなりますし比較サイトの口コミや評判は仕事の増減に直結しますから適切な対応を心がけてくれることでしょう。
値引きもスムーズに進めることができるでしょう。

引越し業者を選ぶポイントとは?

引越し業者に求めることは何でしょうか?

  • とにかく安い費用で最低限の作業でしょうか?
  • 丁寧に行ってくれる業者でしょうか?
  • 引越し前の荷造りに使う段ボールをたくさんくれる業者でしょうか?

引越し業者へ求めるポイントはそれぞれにことなりますからご自身のポイントを決めて交渉に臨むほうがスムーズに仕様が決定します。

やはりそう言った際には一括見積もりサイトでの評価や口コミ、見積もりなどを基準に自分達は何を再優先にしていくか考慮していくことでより良い評価を得ることができるでしょう。

評判や口コミにも目を通す

最近はネットでの口コミサイトや評価を投稿できる場所も増えてきています。
また、そういった口コミを読んで様々な検討事項の参考にすることも増えてきています。

実際に引越しにおいても高額な費用がかかりますから慎重に選びたいところです。

口コミサイトを見て評価や評判を見ながら業者の選定をすることも重要です。

ただし、最近はこう言った口コミサイトも広く認知されてきているために必ずしも真摯な口コミでないものも多く見受けられます。
例えばライバル会社がネガティブな内容を書いているようなことも実際にあるようです。

悪い口コミ全てがライバル会社によるものではありませんが話半分くらいで考えたほうが良いと思います。

見積もり価格を値引きしてもらうか、特典をもらうか

こちらも考え方ですが基本的には価格の値引きのほうが効果は高いと思われます。
何か特典を頂いても金額換算すると思ったほどのものではないことも多いのであまり飛びつく必要はありません。

ただし、ノベルティ系(その業者でしかもらえないキャラクターのグッズなど)が欲しい場合には迷わず特典をいただきましょう。

引越しを安くすませるコツ

cf8b5be44da3af4aed293801f0f8886e_s
とにかく引越しは体力勝負です。
荷造りは本当に根気のいる仕事だと思います。

実際はその作業を業者に任せることでかなり負担は軽減されますが費用もかかってしまいます。

自分たちでできることは自分たちでやることは地味ですが引越しを安く済ませる一番の手段だと思います。

また、以下の様なことでも安くできたり負担を減らしたりすることもできそうです。
参考にしてみてください。

ヤフオクやリサイクルショップを利用して荷物を少なくする

時間に余裕があれば不要品をヤフオクで処分してみるのはどうでしょう。
時には思いがけず高額で落札されるもののあるかもしれません。

またヤフオクをする時間がないという場合にはリサイクルショップに不要品を一括で持込引き取ってもらうというのも有効です。

またこのような買取業者に依頼するのもお小遣い稼ぎになるかもしれません。

・買取プレミアム

引越しの繁忙期を避け日時にこだわらない

引越しの繁忙期は3月から4月です。
早い人は2月頃から動き出します。

その時期はどうしても費用があがってしまいます。
時期をずらせばいいのですがそうも行かない場合が多いと思います。

その場合には時間を引越し業者に任せるとか
日程も1週間ほど見てそのうちの日を業者に決めてもらうとか。

また、大安などの六曜にこだわらないのも価格を下げられます。
もちろん仏滅でもOKなら結構費用を節約することができます。

条件が合えば100円引越しか500円引越し

引越しにおいては様々な局面やプランがあります。

もし、インターネット回線を引越しと同時に入れようと考えていたなら数万円節約できる計算になります。

上手な交渉を行うことができたなた出荷前に挑戦血てみてもいいかもしれません

さいごに

引越しは本当に体力が入ります。
いかに「安く」「早く」「手続き」までを済ませることができるのか検討することで費用に直結してるのものですから早目の対応が肝心です。

また、少しでも安くしたいというのであれば見積もりをよく見比べることでしょう。

プランの良し悪しはありますが概ねスマホが行き渡っていますから少し不便でも費用を調べて業者にぶつけて検討してもらうのが良いと思います。

引越しの際に参考になれば幸いです。





よく読まれている記事