冬の乾燥肌対策!乾燥の原因や簡単な保湿方法、オススメ食べ物6つ!

ipl_1

こんにちは、はじめまして。

元美容外科ナースのまゆと申します。

美容外科にはトータル8年務めておりました。大掛かりなオペにも立ち会ってきましたが、得意分野は美肌というスキンケアに関する分野です。

プリ肌になるには!という美肌活動を公私問わず精力的に行ってまいりました。

美容外科で勤める中、様々な年齢層の方々が持っていたお肌のお悩みに一緒に立ち向かってきた私の知識や経験を、記事を読んでくださってるLadyな方々と共有できたら!

と思い執筆させていただきますね!

口調がちょいちょいぶりっこ入るのはご愛嬌ということでっ。

今回は年齢を問わず(天然プリ肌がなんとも羨ましい10代をのぞく)女性のだれもがこの時期に一番悩む、お肌の「乾燥」について考えていきましょう。

乾燥はトンデモない事態を引き起こす。。。

Check elastic

そもそもなぜ世の女性たちはお肌の乾燥におびえるのでしょうか??

粉を吹いてメイクがよれるから??

でも思春期の頃のお肌を思い出してください。

止めどない憎き皮脂のせいでニキビ面になったりして悩みませんでしたか??

ニキビのせいであきらめた恋もありませんでしたか??

(私は告白を決めた当日に鼻翼の真下にお大仏様並みのおっきなニキビができて、治るのを待ってる間にほかの子に取られちゃった・・・という悲しい記憶が。。)

じゃあ乾燥してるくらいがいいじゃん!と・・・思うなかれ!!

お肌の乾燥はこんなトンデモな事態を引き起こすのです。。。

こちらの図をご覧ください↓

akihositu_03

正常なお肌は

  • 皮脂膜
  • 天然保湿因子(NMF)
  • 細胞間脂質(主にセラミド)

といった保湿因子によってハリやキメが整えられています。

もっとかみ砕いて言うと、保湿因子とは水分と油分によるバリアのことです。

ですが乾燥というお肌にとっては怖~い刺激を受けると保湿因子が減少することでバランスを崩し、お肌の水分は減少し、細胞は保湿因子を生成できなくなってきます。

すると・・・

  • かさつく、白い粉を吹く
  • かゆみが出る
  • ごわついてひび割れする

さらに悪化すると
炎症や湿疹、かぶれが慢性的に起こる
こともあります。

そして美容面からは
・シミができやすくなる
・シワ・たるみを引き起こす

という恐ろしい影響が!!!!!

つまりお肌には

  • たっぷりの水分
  • 健康な体から作り出される保湿因子

が必要ということですね。

どうして乾燥を引き起こしてしまうのでしょうか?

large_145966_1

代表的な何点かを挙げるとするならば以下のようなことが挙げられます。

寒くて乾燥した外気に触れる

日本の寒い時期は気温の低下とともに乾燥を強めていきます。また気温の低下による体温の低下により血行も悪くなります。
すると皮脂やセラミドを作るための養分が低下したり、肌の水分が蒸発してしまうのです。

お肌を洗いすぎる

ごしごしと洗顔してしまうと皮膚に必要な水分・油分まで洗い流してしまいます。
水分や油分はもともとお肌に必要なものなので、必要以上に洗いすぎると乾燥の原因になってしまいます。

ビタミン&ミネラル不足

乾燥肌はビタミンやミネラルなどが十分に摂取されていないことが原因となっている場合もあります。
無理なダイエットや水分摂取不足も原因に!

参考文献:skincare-univ.com

そのような恐ろしい乾燥を引き起こさないために

E1413775854082_1

乾燥した外気から守る工夫を

室内であれば手っ取り早いのが加湿器を使用することです。

今はオフィスで使えるUSB式の加湿器や、電気を使わない携帯加湿グッズもあります。

カップにお湯を入れてそばに置いておくだけでも加湿効果がありますよ♡

寒いからと言って暖房の吹き出し口に陣取ったりしないようご注意を!Ladyとしてもみっともないです!

また出先でもマスクをつけたりマフラーを口・鼻を覆うようにざっくりと巻いたり
して顔周りを自分の呼気で加湿しましょう。
(これ男性ウケも狙えていいですよ♡)

温かい飲み物を飲むときはフーフーして蒸気で加湿しましょう!
(これも男性ウケまで狙えます♡)

洗顔時は泡洗顔を心がける

洗顔料はぬるま湯と泡立てネットを用いて洗顔料をふわふわのホイップ状にしてください。

女子なら大好きっ♡なホイップクリームのイメージです。

面積の広い箇所(ほほやおでこ)は手のひらで、面積の少ない箇所(小鼻やこめかみ)は指の腹を使って洗います。

この時に手のひらや指の腹が顔に触れないように、やさしく「ホイップ泡」で”触れる”感覚ですよ♡
比較的油分の多いTゾーンから洗っていきましょうね。

流す時もごしごし流すのではなく、ぬるま湯を両手のひらですくいやさしく当てて、しっかりと時間をかけてお肌をいたわるように流してあげてください。
シャワーで一気にかけ流す、という方が多いですが、それでは水流による重力によってたるみを起こしてしまいますので、面倒くさくてもLadyらしく手のひらですくったぬるま湯で!

〆は間髪入れない保湿のスキンケアですよ。

ビタミン&ミネラルを積極的に取り入れる

実は冬に収穫される野菜やフルーツには寒い時期を生き抜くためのビタミン&ミネラルがたーっぷり。
野菜であれば以下のものが特におすすめです!

おすすめの野菜

  • 大根
  • 小松菜
  • ネギ

ビタミンだけでなく、体を温めたり風邪予防をする効果もあります。
鍋料理に入れればいっぱい取れますよ。

フルーツなら以下のものがオススメ!
おすすめのフルーツ

  • ゆず
  • いちご
  • みかん

特にゆずの皮にはレモンの1.5倍のビタミンCが含まれているので、お料理にふんだんに使ってほしいです!
そしてミネラルは体内で生成することができない栄養素です。忙しい時でも飲み物やサプリから積極的に取り入れていきましょう!

実はナースだけでなく、ベジフルビューティーアドバイザーの資格を持つ私が言うのですから騙されてみてくださいっ♡

ここまで話すとプリ肌Ladyを目指す方ならわかるはず・・・

まとめ

とにもかくにも乾燥対策は「保湿」に限ります!!!!
内側からふっくらでやわらか!皮膚の水分がたっぷりだと透明感も出てメイクのノリもよくなるしいいことづくめっ!

とにかくあなたの周りがいつも加湿されている状態に保ちましょうね!





よく読まれている記事