絶対に失敗しない!子供の英語・英会話教室の選び方6ポイント

子供の英会話教育のために

・どういう英語教室を選べば良いのか分からない・・・

・体験レッスンを受けさせたいけど・・・

そんな悩みを抱えていた
子供を英語教室に通わせたいと考えているお母さん。

教室選びのヒントをお教えしますよ。

子供英語教室の種類

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_s
子供英語教室はいくつかの種類に分けることができます。

大手の子供向けスクール

大手の企業が運営する大人向け英会話スクールの子供向けスクール。
駅前を中心にした場所にあります。
引っ越しが多い人にはっ全国に教室があるので便利
お母さんがレッスン中に駅周辺で買い物などできる

  

フランチャイズのホームティーチング教室

大手~中小の企業のフランチャイズ教室で主にホームティーチングと言われ自宅を開放する教室
住宅街の中に多い。

  

個人経営の英会話教室

個人のネイティブの先生がやっている教室が多い。
住宅街の中に多い。

上記2タイプは共通して人見知りする子には個別対応してくれる、家から近い、送り迎えが大変じゃない、続けやすいという利点があります。

体験レッスンへの参加

fba5624d0de5c7d822c6343da77bdfe5_s
子供に英語教室を探すときには、まず体験レッスンに参加してみましょう。

ほとんどの英語教室で無料~1000円程度で体験レッスンに参加することができます。

では体験レッスンではどのようなことをチェックしたら良いのでしょうか?

       

学校の雰囲気

英語学校の各教室によっても雰囲気がかなり違います。大手の英語学校だと受付の人、働いている人などの様子も大事です。
      

クラスの雰囲気

クラスは集まる子供によって雰囲気はがらりと変わります。おとなしい子が多いクラスなのか、少し騒がしいけど楽しく盛り上がるクラスなのか、自分の子供に合っているかをチェックしましょう。
      

クラスの人数

英語教室や学年などによってクラスの上限が違います。少なければいいというものでもありません。

あまり少ない人数だとゲームが成り立たなくなったりして盛り上がりにも欠けるかもしれません。ご自身の目で判断してみてください。
      

先生の教え方

先生は日本人の先生か外国人(ネイティブ・ノンネイティブ)の先生か、男性か女性か、若いか年配か、子供に慣れているか、教え方は?チェックポイントはたくさんあります。

お子さんの好みに合っているかチェックしましょう。好みでなくても嫌がらなければ大丈夫!
      

カリキュラム

子供英語教室の中には、ネイティブの先生が教えているからと全くカリキュラムがなく、先生に丸投げしているようなところもあります。

その場で行き当たりばったりのレッスンをされても嫌ですよね。体験レッスンの前後にお話をしてカリキュラムがしっかりしているか確認しましょう。
      

先生との相性

先生との相性というのは、当のお子さんに聞くのが一番です。親が合いそう、合わなそう、と判断してもお子さんの気持ちが違うこともあります。

相性って言葉ではなかなか説明が難しい感情です。お子さんがOKなら相性は良しとします。

英語教室に入会後の注意点「これだけはやっておこう!」

a1504a71fc1c193e851481aef2fcb209_s
様々なチェックポイントに合格して晴れて英語教室に入会させた後も注意する点はあります。
 
英語教室入会後にやった方がいいことをまとめます。
      

子供のクラス参観・見学

どこの英語教室も年に1回以上の参観の日、もしくは気になることがあれば見学をさせてくれる場合もあります。

そういう機会があれば積極的に参加してみましょう。

体験レッスン以来見ていないお子さんの成長ぶりが見られたり、逆にクラスに馴染めていないなどの課題も見えるかも。

      

子供の様子を見守る

英語教室に行く前や帰ってきた時にお子さんと話してみましょう。

教室に行きたがらない様子や、楽しめていない様子が見られたら要注意!

先生やカウンセリングの先生と相談をすることも大事です。

英語教室に入会後の注意点「やってはいけないこと」

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s
逆にやってはいけないこともいくつかあります。意外でびっくりするようなこともありますので、気をつけてください!
      

今日何を習ったか聞くこと

親としては

「今日はどんなこと習った?」

「何をやったの?」

と聞きたい気持ちは分かります。気になりますよね。

でも、今日習ったことを聞くのは禁物!

その理由は、子供は教室にいる時には英語モード、習い事モードになっているので、家に帰って同じことを再現することが難しいということ。

言葉もまだ不十分なのでどんなことをやったか自分の言葉で説明するのが難しいのです。

先生がこまめにその日に習ったことを書いてくれたり、カリキュラム表に載っていたりする教室もあるので参考にしましょう。

大手の英語学校よりもフランチャイズ英語教室の方がそういうことをやってくれます。

      

英語をしゃべらせようとすること

おじいちゃん・おばあちゃんの前で

「これは英語で何て言うの?」

「りんごを英語で言ってごらん」

などと促してしまいがちですね。

ちゃんと答えられる場合もありますが、子供は困ってしまう時も。

無理に英語をしゃべらせようとしない方がいいですね。

まとめ

体験レッスンに行ったら、子供が楽しんでいるかどうかを確認しましょう。先生との相性もチェックが必要です。

教室に通い始めてからもお子さんの様子を見守ってあげてください。嫌がる様子が見られたら早めの対処で乗り切ってくださいね。





よく読まれている記事