妊活におススメの運動はホットヨガ??オススメ動画も紹介!

妊活中の運動は元気な卵子が育つ。

とよく耳にします。

また運動は代謝を良くし、妊活に効果的であるという話をよく聞きます。まさにその通りで、血行が促進されることで冷えが改善し、卵巣や子宮の機能が高まり妊娠しやすくなると言われています。子宮の血流が良くなると、元気な卵子が育つのです。

筋肉が鍛えられることが安定した高い代謝を保つため、ホルモンバランスが良くなると言われています。
妊活においてホルモンバランスはとても大切な要素。

これが崩れるだけで無排卵や生理不順を招くので、ホルモンバランスを整えることは必須です。
それでは、妊活に効果的な運動はあるのでしょうか?

ヨガと妊活の関係

6e4a0f0943ff8ebbaf6e5878f81c4fe4_s
ゆりりんは、有酸素運動としてランニングを続けていましたが、流産したことをきっかけにライフスタイルを見直した際、ホットヨガが妊活に良いとのうわさを聞きつけ、ホットヨガに通うことにしました。
妊活にホットヨガは本当に有効なのでしょうか?

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、室温39度前後湿度60%前後に保たれた室内で行うヨガを意味します。この室温は体を一番柔軟にするとされる温度であり、多湿な環境は発汗を促します。ヨガのゆっくりとした動きやポーズは、自然に筋肉を伸ばすことやインナーマッスルを鍛えることを目的としています。
引用:ホットヨガってどんなヨガ?

ゆりりんが通っていたのは溶岩ヨガ。溶岩ヨガは下の岩盤から遠赤外線が出ているため、体の芯から温めるというものでした。
ゆりりんが妊活にどのくらいか有効かスタッフの方に訪ねたところ、ホットヨガが妊活にあたえる効果は、たくさん汗をかくことで新陳代謝や血流を良くすることで体を温め、妊娠しやすい体をつくるというものという説明を受けました。

暑い環境が汗を出す。

ここからはゆりりんの独自の感想です。
個人差がありますので、一つの参考意見としてみてくださいね。

ホットヨガの最中は本当に体が温まります。それもそのはず。夏は暑いので汗をかきますね。
それと同じで、暑い環境のなかで動くので汗が出るのです。

決して「運動をしているから汗をかく」わけではありません。
特にホットヨガは室温39度前後と暑い環境の中で動くので、激しいポーズは取らず、比較的ゆったりとしたポーズを取ります。それでも暑いので十分に汗をかくのです。

ゆりりんはずっとランニングをしていましたが、ランニングを1時間した後はものすごい汗をかき、その後もずっとからだがポカポカしています。
しかし、極度の冷え性のゆりりんは、ホットヨガでは運動量が少ないため体が温まりきらず、(ヨガの最中は汗だくで温まっているのですが)結局一時間後には元の体温に戻ってしまいました。

体が柔らかくなったり、ホットヨガを始めて良いことはたくさんありました。
運動が苦手という方は手っ取り早く、つらい思いをせずに簡単に汗をかくことができるので、そんな方には血流を良くする意味でおすすめです。

しかし極度の冷え性のゆりりんは、ホットヨガではなく再度ランニングを始めることにしたのでした。

妊活に効果的なヨガとは?

adb1ae375143d475709b2bee5836197c_s
ですが、ゆりりんが一つとても効果があった!と感じるヨガがあります。

それは股関節の血流を良くするヨガ。本当におすすめ!
しかもゆりりんが毎日行っていたのは、YOUTUBEで動画を見ながら真似してヨガをするだけなのでお金もかからず簡単です。

なんと、この動画が終わったと、股関節周りの血流がとてもよくなりました。

子宮の周りの血流がよくなる=子宮が温まる

という好循環です。時間もかかりませんので、是非試してみてください。

適度な運動を取り入れて

ゆりりんは、結局ランニングとYOUTUBEを見ながらのセルフヨガを実践していましが、自分が一番体が温まる!と思った方法や辛くなく楽しく続ける運動を探すことが一番です。
一番最初にも述べましたが、妊活に運動は有効です。是非普段の生活に取り入れてみてくださいね。





よく読まれている記事