妊娠中期のお腹の張り&痛みって大丈夫?原因やゆりりんの体験談

いよいよ、妊娠中期に入り、どんどんおなかが大きくなってきます。

妊婦らしい体形になり、周りからも妊婦として認識されるくらいに。

どちらかというと、ゆりりんはとても快適妊婦ライフを過ごしていたのですが、妊娠中期後半になり、おなかの頻繁な張りと痛みに悩まされるようになりました。

初めての体験なので、痛みが治まらないと、医者に行くべきか?

と焦ったり、赤ちゃんに何かあるんじゃないかと不安になります…。

今回は、そんな妊娠中期のおなかの張りや痛みについて、お話ししたいと思います。

妊娠中のお腹の張り

ec465e28a295eaaf1c199b8d8673c3cb_s
おなかの張りは、後期に向けて頻繁に張ってくるようになります。

おなかが張った時は、横になっておなかをゆっくりさすってあげるか、横になれないときは座って休むようにしてみましょう。

それで収まるようであれば、心配のいらないおなかの張りなので、普段通りに過ごして大丈夫。

10分以内に収まる一時的なものであれば、問題ありません。

一方で危険なおなかの張り(病院に相談をした方がいい張り)は、

  • 激痛を伴う場合
  • 30分以上痛みが治まらない場合
  • 出血やいつもとちがうおりものが出た時

の3ポイントが判断基準です。

この3つのうち1つでも当てはまる場合は、すぐに病院に相談しましょう。

夜中、頻繁にお腹の張りが襲った時の体験談

fe6cf274435627989d4a690b7afcf96d_s
ゆりりんは、とある日、突然夜中に頻繁にお腹かが張り始めたことがありました。

明らかにいつもと違う頻繁さで、10分に1回は張るという感じ。

張っているときは胎動を感じず。。。

収まると胎動を感じるという感じで。。。

不安になったのでネットで調べまくりました。

でも色々な情報が錯綜していてよくわからない!

深夜で病院はやっていないし…と困っていましたが、夜中も受診可能な近くの救急病院に電話で相談することにしました。

電話では

聞かれたこと

  • どんな症状
  • 妊娠週数
  • 今までの妊娠経過

について聞かれた後、担当の人が産婦人科の人に相談するという流れ。

その結果、

『おりものの変化や出血がない場合は緊急性がありませんので、今救急で受診する必要はないです。

明日になっても治らない場合は、かかりつけの病院で診てもらってください。

でも、今後出血やおりものの変化があったらすぐにこちらに来てくださいね。』

ということでした。

もしお腹の張りが心配なら電話することも考えてみて!

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
私は今まで、健康すぎて深夜外来など縁がなかったので、深夜外来に電話することすら躊躇してしいました。

でもちゃんと電話で症状を聞いてくれて、今すぐ受診の必要があるか、ないかなどを丁寧に判断してくれて素晴らしい対応!!

さらに値段の説明も先にされて、救急で深夜受診する際は深夜外来費で8000円かかるということまで説明してくれました。
(病院によって費用は違うので確認してくださいね。)

人によっては妊娠時期や張りの具合が違う!

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

人によって妊娠経過や週数などの状況が違うと思いますので、ネットの情報ばかりを頼って自己判断せず、まずは電話をして指示を仰ぐのが一番です!

そして次の日の朝、ちょっと治ったのですが、かかりつけのお医者さんに行って診てもらいました。

原因は睡眠不足と疲れでした。妊婦に疲れや睡眠不足は大敵ですね!

ゆったりとした生活を送るようにしましょう。

また、規則的な頻繁なおなかの張りは、切迫早産の可能性があるそうですので、早めの受診を。

お腹のトラブルその2 おへそ回りが痛い

次のおなかが痛いマイナートラブルですが、ゆりりんは、おへその周りがつるように激痛が走る日が突然やってきました。

下腹部でもなく、おなかの周りの内側の筋肉が張っているような、筋肉痛のような痛みです。

ちょっと寝そべったりしようとするだけで、激痛!

これも初めて経験する痛みでしたので、とっても不安に。

またまたお医者さんに相談したところ、

『子宮が急成長して、子宮底はおへその上まで来ています。その急激な変化で筋肉がつっぱっていることが原因で起こる痛みですよ。』

とのことでした。痛くてたまらなかったのですが、たしかにこの筋肉が突っ張られる感じ…納得です。

自己判断は危険、すぐにまずはお医者さんに電話で相談

誰でも、妊娠中のマイナートラブルは経験するもの。

初産の場合は特にわからないことだらけですが、一番頼れるのはお医者さんです。

素人の私たちが、ネットの情報を鵜呑みにするのは危険。

まずは自分の状態を良く知っているかかりつけのお医者さんに相談しましょう!





よく読まれている記事