え、マジで?気になる噂チョコレートダイエットの真実に迫る

チョコレートで痩せる…だと!?

d5264369d92cd8f1ae5fc580fab1f674_s

甘いし、カロリー高いし、太りそう。

そんな印象のある、ダイエットとは無縁の食べ物であるチョコレート。

ところが今、バレリーナやアスリート、モデルなど、多くの方がチョコレートダイエットに取り組んでいるのです。

無理なく痩せられるということで注目を浴びているチョコレートダイエット。

チョコを食べながら痩せられるなんて、最高にも程がありますよね?

そこで、気になるチョコレートダイエットの真相に迫っちゃいます。

 

こんな良いことも?チョコレートの4つの意外な効果!

9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s

ただ甘いだけだと思っていたチョコレート。

実はこんな効果があって、ダイエットしたい女性にとって、非常に強い味方になるんです。

 

便秘の解消に!豊富に含まれる食物繊維!

チョコレートに含まれている『カカオポリフェノール』にはダイエットに有効な成分が多く含まれています。

その一つが食物繊維

女性の大敵である便秘の解消に役立つだけでなく、胃腸の調子を整えて心身ともに元気になる効果があるのです。

 

血流改善・代謝アップ!

カカオポリフェノールには血行を促進する効果もあります。

全身の血流が改善すれば、それだけ代謝もアップして痩せやすい体質になることが出来ます。

冷え性や肩こりの改善にも効果がある可能性もありますよ。

 

ストレス解消!チョコでちょこっと幸せに!

甘いモノを食べると幸せな気持ちになる。

実はこれって、ホルモンの関係なんですよね。

幸福感を高めてくれる脳内物質であるセロトニン。

チョコレートの原料であるカカオに含まれる『テオブロミン』という物質は、セロトニンの分泌を助ける作用があるのです。

しかも、その効果は一時的ではなく継続的。

チョコを食べると幸せな気持ちになるのは気のせいでは無かったのですね。

 

血糖値上昇で食欲を抑制!

チョコレートには血糖値を上げる効果があります。

血糖値が上昇すると満腹中枢が刺激され、食欲が抑制されます。

食べ過ぎを防ぐために、チョコレートの摂取が効果的なのです。

 

チョコレートダイエットの4つの具体的注意点

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

痩せるだけでなく女性に嬉しい効果がいくつもあるチョコレートダイエット。

ただし、注意点をしっかり守らないと太ってしまう可能性も。

チョコレートダイエットに取り組む際の4つの注意点をしっかり抑えて実践して下さいね。

 

何でもOKではありません!正しいチョコの選び方

チョコなら何でも良いかというと、もちろんそんなに甘くはありません。

基本的にはカカオの含有量が多いものを。

70%以上の含有率の、ビターなチョコレートを選びましょう。

ただし、苦くてストレスになってしまうのであれば、多少含有率が落ちても、美味しく食べれるものを選んでも良いと思います。

その際には特に、食べる量は意識する必要がありますけどね。

 

食べ過ぎ注意!最適なチョコレートの量とは?

いくら質の良いチョコを選んでも、食べ過ぎてしまってはいけません。

カフェインなども摂り過ぎになってしまう可能性がありますし、なんだかんだ言ってもチョコレートはカロリー高いですからね。

1日に摂取量は板チョコ半分程度の50gを目安に。

それを何回かに分けて食べると良いでしょう。

 

タイミングが重要!いつチョコを食べるの?

食欲を抑制する効果があるチョコレート、食事の20分位前に食べるのがベストタイミングです。

食前に1日3回、一気に食べるのではなくゆっくりと時間をかけて味わいましょう。

血糖値が上昇することで満腹中枢が刺激され、自然に食欲が抑えられますよ。

 

忘れちゃいけない栄養バランス!チョコだけじゃちょっと。。

チョコレートにはビタミンやミネラルも含まれていますが、置き換えダイエットに耐えうるようなものではありません。

要するに、食事を完全にチョコレートに置き換えてしまうのは栄養バランスの偏りにつながります。

あくまで、食前にチョコを食べる。

それにより、普段の食事の量を減らしてもストレスにならない。

そのようなイメージで取り組んでみると良いでしょう。

 

チョコレートダイエットの正しい方法・まとめ

カカオ含有率が70%以上のチョコレートを、食事の20分前にゆっくりと食べる。

それによって食欲を自然に抑制して、無理なく、ストレス無く痩せていく。

これが正しいチョコレートダイエットのやり方になりますが、非常にシンプルですし、取り組みやすいダイエット方法ですよね。

食べる量さえしっかりと意識出来れば結果が出る方法なので、早速取り組んでみてはいかがでしょうか?





よく読まれている記事