コレウスフォルスコリの効果や副作用。飲むタイミングはある??

702061cfc0a785e9085ad368704dec1b_s
少し前にCMでも話題になったコレウスフォルスコリ。

痩せるサプリメントとして注目されていますが、実際はどのような作用があるのでしょうか。
 
 

目次

 
 

コレウスフォルスコリとは

IMG_0493
コレウスフォルスコリは、インドが原産のシソ科の植物です。

インドではピクルスなどとして食用されています。

その根に含まれる「フォルスコリン」は、滋養強壮があるとされ、インドの伝統医学アユールヴェーダで何千年も前から使用されています。

また、フォルスコリンには血管拡張作用があり、降圧剤や心不全の薬としても使われてきました。

その後の研究で、脂肪を分解する作用があることがわかり、ダイエットサポートサプリメントとして人気となっています。

 
 

コレウスフォルスコリの効果

2715167ad107982190de65bc144102f5_s
 

脂肪燃焼

フォルスコリンには体内のアデニル酸シクラーゼという酵素を活性化する作用があります。

このアデニル酸シクラーゼは脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化するので、コレウスフォルスコリを摂取することで脂肪が燃焼すると考えられています。

また、筋肉と骨を含む除脂肪体重(脂肪以外の重さ)を増大させる働きもあるため、代謝がよくなり太りにくい体をつくるのにも役立ちます。

アメリカの研究によると、肥満男性30人にコレウスフォルスコリを1日50mg、12週間連続で摂取してもらった結果、体脂肪が減り、テストステロンが増えたという報告があります。

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、筋肉を増強させる作用があります。

つまり、体脂肪が減るだけでなく、筋肉を増やす可能性も証明されたのです。

 

緑内障予防

イタリアでの研究では、緑内障患者にフォルスコリンが配合されたサプリメントを40日間摂取してもらったところ、眼圧が低くなったという報告があります。

緑内障は眼圧が異常に上昇することで視野が狭くなる病気ですので、フォルスコリンには眼圧を下げ、緑内障を予防する作用があると考えられます。

 

血圧を下げる

フォルスコリンは血管壁に作用して、血管を拡張させることによって血圧をさげる働きがあります。

血圧を低下させる作用もさまざまな研究によって明らかになっています。

そのほか、フォルスコリンには血栓を予防する、喘息を予防する、成長ホルモンの生成を増大させる作用などがあります。

 
 

コレウスフォルスコリの飲むタイミングは?

5d461b1da84ded1d8a6757dbfffe5d62_s
 

食事の前や運動の前に

フォルスコリンの摂取量の目安は、1日50mg前後です。

1日、2~3回に分けて、食事の前や運動前に摂取しましょう。

フォルスコリンは糖質の吸収を抑える働きもありますので、食前30分がおすすめです。

 

あくまでダイエットサポート

コレウスフォルスコリには脂肪燃焼作用がありますが、それだけで痩せるというものではありません。

軽い運動で筋肉をつけて体の代謝を上げること、また食生活(摂取カロリー)に気をつけることが大前提です。

あくまでもコレウスフォルスコリはダイエットをサポートするものという認識を持ちましょう。

基本的にダイエットは無理して行うものではありません。

日々の努力は少しでも、継続して行うことが大切です。

コレウスフォルスコリを摂取しながら、体脂肪や基礎代謝量に変化が表れるまでには、最低でも3ヶ月くらいかかると考えてください。

 
 

コレウスフォルスコリの副作用

803647cd35396f52014ee7dd299c1a77_s
 

一番多い副作用は?

一番多い副作用は下痢です。

コレウスフォルスコリ自体が合わない場合もありますが、サプリメントに含まれる添加物が合わず、下痢をすることもあります。

 

併用禁忌薬

フォルスコリンには

  • 血圧を下げる働き
  • 緑内障を予防する働き
  • 血栓症を予防する働き
  • 喘息を予防する働き

などがあります。

ですからもともと低血圧だったり、緑内障や喘息のために薬を服用している人は使用できません。

また、高血圧薬、抗凝固薬(アスピリン、ワルファリン)を服用している人も、作用が強く出る可能性がありますので、併用できません。

病院に定期的に通っている人は、コレウスフォルスコリを摂取してよいか、医師に相談した方が安心です。

 

そのほか考えられる副作用

フォルスコリンには血圧を下げる働きがあることから、血圧が下がりすぎて、めまい、吐き気、倦怠感が現れることがあります。

心不全の治療としても使われ、心臓の機能を強くしたり、血液循環を良くするため、脈拍が異常に上昇したり(激しい動悸)、頻脈、胸痛などの副作用が起こる可能性があります。

胃酸の分泌を促進する働きもあるため、胃酸過剰による胸焼け、吐き気、胃痛などが起こることがあります。

女性に限りますが、フォルスコリンは男性ホルモンのひとつであるテストステロンを増やすため、女性ホルモンの働きが弱くなり、ニキビができやすくなったり、胸が小さくなる可能性もあります。

いずれの副作用も、コレウスフォルスコリの摂取を中止すれば消失します。

サプリメントとはいえ、さまざまな副作用が報告されています。

体と相談しながら摂取する量を決めて、効率よく健康的にダイエットしてくださいね。





よく読まれている記事