コラーゲンの美容効果や摂取する時の注意点などまとめました!

2eb77b8d27f786437d7d0521fa8852f3_s

コラーゲンといえば、今や知らない人はいない美容成分。

でもその美容効果はお肌に限ったことではないのです。

また摂り方にも注意する点があります。

どのようなことでしょうか。

 
 

目次

 
 

コラーゲンとは?

IMG_0493
コラーゲンとはたんぱく質の一種です。

体の全たんぱく質の30%がコラーゲンと言われています。

特に皮膚の中の真皮は、そのほとんどがコラーゲンです。

他には、

  • 筋肉
  • 関節

などに含まれていて、細胞と細胞を結びつけたり、組織同士の間でクッションのような役割を果たしています。

 
 

コラーゲンの美容効果

52fccedb3e455bf0dd30796b00db7533_s
コラーゲンと言えば…お肌に良いことはご存知の方が多いと思いますが、他にもこんな効果があるんですよ!

 

美肌効果

コラーゲンといってまず思い浮かべるのが美肌効果でしょう。

真皮の中で、コラーゲンはエラスチンとともに肌の弾力の元となっています。

体内に入ったコラーゲンは、アミノ酸に分解されますが、そのアミノ酸が必ずしも肌の、しかも真皮に届くとは限りません。

ただ、現在はアミノ酸まで分解されず、

コラーゲンペプチド(アミノ酸が2~50個集まった状態)の状態で血管の中を流れ、さまざまな場所へ働きかけることがわかっています。

ですからコラーゲンペプチドが真皮の中の繊維芽細胞にたどりついた場合には、コラーゲンの生成が促され、

  • 肌がプルプルになったり
  • 保湿力がアップする

ことが期待できます。

実際、コラーゲンを一定の量、毎日摂取することで、肌の水分量やバリア機能が高まったという研究報告もあります。

⇒コラーゲンが入っているシミウス

 

髪や爪への効果

髪や爪もたんぱく質でできています。

特に髪は90%がたんぱく質です。

コラーゲン(たんぱく質)が十分にあれば

  • 髪のコシやツヤも保て
  • 爪割れを防ぐ

といった効果があります。

また、毛髪の元になる細胞(毛包幹細胞)の維持にはコラーゲンが必須であるという研究結果も出ています。

シミやシワのない肌だけでなく、ツヤのある髪も見た目年齢を上げない大切な要素です。

ただ、髪や爪は命にかかわるものではないので、コラーゲン(たんぱく質)が届くのが後回しになります。

他の重要な部分(生命を維持する部分)にコラーゲン(たんぱく質)は使われてしまうのです。

ですから、髪のパサつき、爪の割れが気になる場合は積極的にコラーゲンをサプリメントで補う必要があると言えます。

 

骨を強くする効果

骨粗鬆症(こつそそうしょう)は骨の中がスカスカになり、骨折しやすくなる病気ですが、骨の質をよくするのがコラーゲンです。

骨を鉄筋コンクリートの建物に例えると、

  • カルシウム=コンクリート
  • コラーゲン=鉄骨

にあたります。

つまりコラーゲン(鉄骨)が十分にないと、いくらカルシウム(コンクリート)があっても、骨(建物)の強度が弱くなり、ポキッと折れてしまうのです。

ですからカルシウムばかり摂っていても骨は強くなりません。

あわせてコラーゲンを補うことが大切なのです。

骨を強く保つことは、目には見えませんが、いつまでも若々しくきれいでいることと同じくらい重要です。

閉経すると女性ホルモンエストロゲンの減少によってさらに骨はもろくなりますので、早いうちからコラーゲンの摂取を習慣にしておきましょう。

 
 

コラーゲンを摂る時の注意点

9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s
さっそくコラーゲンを摂取しよう!と思った方、ちょっと待ってくださいね。

大事なことを心得ておいてください。

 

食事からのたんぱく質も必要

基本的にコラーゲンは、アミノ酸を原料にして、必要に応じて体内で生成されます。

わざわざサプリメント等を摂らなくても作ることはできるのです。

しかし普段の食生活が乱れていたり、さらなる美容効果を得たいと思うならば、サプリメントで補うことは得策でしょう。

ただコラーゲンのアミノ酸組成は

  • グリシンが23%
  • プロリンとヒドロキシプロリンが26%
  • グルタミン酸、アラニンがそれぞれ10%前後

と、偏っています。

ですから食事からいろいろな種類のアミノ酸(たんぱく質)を摂ることも重要です。

いろいろと言っても

  • 豆類

など、身近なもので十分補えます。

 

ビタミンC、鉄も一緒に

コラーゲンはビタミンCが不足していると生成量が少なくなることがわかっています。

ビタミンCはコラーゲンのためだけではなく、

  • シミを防いだり
  • 免疫力を高めたり
  • 抗ストレスホルモンをつくる作用

などもあります。

それなのに、体内で生成することはできません。

また、鉄分もコラーゲンと一緒に摂るべき成分です。

なぜなら鉄は体のすみずみまで酸素を運ぶ役割をしていますが、鉄不足の女性が非常に多いからです。

鉄が不足すると、肌の細胞にも酸素が行き届かなくなり、新陳代謝が遅くなります。

コラーゲンやエラスチンといった真皮への成分にも酸素がいかないわけですから、コラーゲンはどんどん古くなってしまうのです。

せっかくコラーゲンを摂っても、新陳代謝が遅ければ意味がありません。

ぜひ鉄分も意識して摂ってください。

ちなみに美肌のためにコラーゲンは最低でも1日5g、鉄分は1日12mgです。

 

脂肪、糖分の取りすぎに注意

外食が多い人は特に注意してほしいのです。

揚げ物のような高脂肪食を食べ過ぎると、善玉ホルモンのアディポネクチンが減少して、コラーゲンの合成を低下させることがわかっています。

また、糖分の摂りすぎもコラーゲンを変性させ劣化させます。

美肌にとって過剰な脂肪分、糖分は大敵だということを、肝に銘じておきましょう。





よく読まれている記事