友達以上恋人未満になりやすい人診断5つ&友達以上恋人未満の共通点2つ

img_15
友人や家族など親しい人から「そんな中途半端な恋愛やめなよ」と言われた事はありませんか?

なぜか分からないけど、いつも恋愛が中途半端になってしまう・・・

もっとちゃんとした恋がしたい!

そう嘆いている女性も多いでしょう。

実は中途半端な恋愛は、自分自身の「言い訳体質」が災いしているのです。

今回は、中途半端な恋愛を招く言い訳体質に迫っていきたいと思います。

 
 

目次

 
 

中途半端な恋愛って何?

img_9
まず、中途半端な恋愛って何なの?

という所を明確にしておきましょう。

ここで言う中途半端とは、ずばり、付き合っているかどうかがあやふやな関係の事を指します。

つまり、相手の本気度が分からない、足元がグラグラと不安定な恋愛の事です。

具体的には、次の2つの関係が挙げられます。

 

中途半端な恋愛①友達以上恋人未満

まず一つ目が、「友達以上恋人未満」の関係です。

頻繁に連絡を取り合い、時間さえあれば二人で会う。

お互いに意識はしているだろうけど、はっきりと

  • 付き合おう
  • 好き

という言葉のやり取りがない関係ですね。

女性としては、付き合っているのかどうかが分からず、モヤモヤした気持ちを引きずる事になります。

中には、キスや手をつなぐ、ハグをする程度のスキンシップは経験しているケースも多いでしょう。

 

中途半端な恋愛②体だけの関係

友達以上恋人未満の関係がさらにこじれてしまった状態が、「体だけの関係」です。

明確な交際の意思確認をしないまま、体を許してしまい、その関係をずるずると引きずっている状態です。

お互いに割り切った関係なら問題ないのですが、この記事を見ているという事は割り切れていない証拠ですね。

特に女性は心と体が繋がった生き物なので、相手の真意が分からず、一人苦しむ事となります。

 
 

中途半端な恋愛に共通している2つの事

img_021
それでは一体、どうして恋愛がこのように中途半端な状態になってしまうのでしょうか?

友達以上恋人未満、体だけの関係に共通している原因が2つあります。

 

見ざる聞かざる言わざる!3猿状態

一つ目の共通点は、「見ざる聞かざる言わざる」の3猿状態に陥っているという事です。

ちょっと考えれば分かりますよね。

中途半端な関係になってしまうという事は、意思疎通が出来ていないからです。

お互いに気持ちを言わず、お互いに気持ちを聞かない、関係がはっきりしないのも当たり前ですよね。

そして、一番の問題は、そんな現実から目を背けて、見ようとしない姿勢です。

だからいつまで経っても自力での関係改善ができないのです。

 

受け身の姿勢で自分を防御

二つ目の共通点が、「受け身」であるという事です。

受け身というのは、相手から何かのアクションがあるまで、ただただ待ちぼうけしている状態の事を指します。

そこには、「自分から行動して失敗したら嫌だ」という自己防衛の気持ちが強く影響しています。

けれど、怖がって待っているだけでは、何も変わりません。

恋愛は相手から与えてもらう物ではありません。

自分で掴む物です。

相手が何かをしてくれる事を期待しているだけの状態で、幸せな恋愛をする事は不可能でしょう。

 
 

中途半端な恋愛を招く5つの「言い訳体質」とは

Processed with VSCO with p5 preset
「見ざる聞かざる言わざる」の3猿状態と受け身の姿勢が、恋愛を中途半端にする原因だったのですね。

実は、この3猿状態と受け身の姿勢になってしまう人は、総じて「言い訳体質」である事がほとんどです。

中途半端な恋愛ばかりしてしまう方は、自分の言動を振り返ってみましょう。

言葉の端々や考えの端々で言い訳ばかりついている事が分かると思います。

言い訳体質は大きく、5つのタイプに分けられます。

自分が当てはまっていないか、チェックしてみましょう。

 

言い訳①プライドタイプ「ガツガツしたくない」

恋愛をする時に、いつも

  • ガツガツしているように見られたくない
  • 重い女に思われたくない

と感じ、わざと軽く振る舞ったり、クールな自分を演じてしまうのがプライドタイプです。

プライドが高いあまり、周りの目ばかり気にして、積極的に恋愛を進められません。

 

言い訳②現実逃避タイプ「楽しいからそれでいい」

心の中では、ちゃんとした彼氏彼女の関係になりたいと思っているのです。

しかし自分のそんな気持ちにさえフタをして見て見ぬ振りをしてしまうのが、現実逃避タイプです。

中途半端な現実から逃避して、「楽しいからそれでいい」と無理矢理自分を納得させてしまいます。

 

言い訳③勝ち負け判定タイプ「私だって本気じゃない」

恋愛を勝ち負けで判断してしまい、自分から何かアクションを取る事=負けと考えてしまうのが、勝ち負け判定タイプです。

恋愛関係で優位な立場に立ちたいと思うあまり、

  • 私だって本気ではない
  • 彼が告ってきたら付き合う

と受け身な自分に言い訳をしています。

 

言い訳④責任転嫁タイプ「周りが悪い」

自分で動くには勇気が必要です。

そんな勇気が出ない自分を棚に上げて、恋愛が中途半端になってしまう原因を周囲の人間や環境のせいにして責任転嫁するタイプです。

周りのせいだと言い訳をする事で、自分の3猿状態と受け身の姿勢を貫いています。

 

言い訳⑤後回しタイプ「今はまだいっか」

  • 言うタイミングを失った
  • 今はまだ機が熟していない

と言い訳ばかりして、重要な事を後回しにしてしまうタイプがこちらです。

動くのは自分次第なのですが、それを全てタイミングのせいにして面倒な事から逃げ回っています。

「今」できない事は、「未来」でもできない事に気付いていない振りをしているのです。

 
 

最後に

中途半端な恋愛をしている方には、少し耳が痛い話になってしまったかもしれません。

けれど、友達以上恋人未満や体だけの関係から脱出するためには、言い訳している自分から抜け出さなければなりません。

恋愛で幸せを掴むためには、自分で動く行動力と勇気が何よりも必要なんですよ。





よく読まれている記事