【カップル必見】結婚前に同棲するメリットとデメリットを徹底比較!

3366663a4ee9351998161448ba236921_s

あなたは今、同棲に踏み切ろうかどうか悩んでいませんか?

昔とは違い、結婚前の同棲も特別な事ではなくなってきました。

けれど、巷では、

  • 同棲賛成派
  • 同棲反対派

の意見が対立していますね。

どちらの意見を参考にすればいいのか分からなくなってしまうでしょう。

そこで、夫と同棲から結婚した経緯を持つ筆者が、同棲のメリットとデメリットを徹底的に比較したいと思います。

全て経験に基づいた比較なので、ぜひ参考にしてください。

 

目次

 

同棲のメリットは相性を確認できる事!

3d662b02bb52edc08468fa05043caa86_l

まずは、同棲賛成派の意見、同棲の3つのメリットについて見ていきましょう。

 

同棲メリット①相手の素行を確認できる

女性が同棲をするという事は、それなりに真剣なお付き合いを考えている事が大多数だと思います。

結婚を視野に入れている方も多いでしょう。

そこで、気になるのが、会っていない時の彼氏の素行です。

自分に見せている姿は嘘偽りがないか、何か重大な事を隠していないか、しっかりチェックしておかなければなりません。

実際、同棲した事で、

  • 彼氏の借金
  • 女性関係の問題
  • 暴力的な性格

などが判明するケースも多いんですよ。

ちなみに私の夫は、同棲前とても優しくてどこにも問題が見当たりませんでした。

しかし同棲した事で、水商売の女性に弄ばれ、その女性のために借金までしていた事が判明しました。

結婚前に解決すべき問題を洗い出せるというのは大きなメリットですね。

 

同棲メリット②価値観と生活パターンの相性が分かる

付き合っている時は、「私たち相性も良いから結婚しても上手くいく!」と安易に考えがちです。

しかし、よく考えてみてください。

会っていない時間の方が多いのに、どうして価値観や生活の相性まで分かるのでしょうか?
結婚して一緒に暮らすと、

  • エアコンやお風呂の温度
  • 水の使い方
  • 食事の時間や方法

など小さな事で必ずぶつかり合いが出てきます。

そこを乗り越えられる範疇なのかどうかを判断するには、同棲はとても良い機会だと言えるでしょう。

 

同棲メリット③マイナスの感情を解消できる

同棲のメリットとして外せないのが、

  • 不安
  • 嫉妬
  • 寂しさ

などのマイナス感情の払拭ですよね。

特にあまり会えずに寂しい思いをしているカップルは、このメリットを重視するのではないでしょうか。

実際に遠距離恋愛だった私達も、不安や寂しさの解消のために同棲を始めました。

確かに寂しさは解消されます。

けれど、不安や嫉妬に対しては、同棲はプラスにもマイナスにも働きます。

相手を知りすぎる事は、時に、不安や嫉妬心を増幅させてしまう事もあるのです。

 

 

同棲のデメリットは破局の確率が高くなる事!

fb861b685ed2832a18a53c01bb4a0cea_s

メリットだけ見てみると、同棲は良い事づくしのように見えますね。

しかし、このメリットこそがデメリットに変貌してしまう瞬間があるんですよ。

それでは、次に同棲のデメリットを見ていきましょう。

 

同棲デメリット①すぐに別れの選択肢が出てくる

同棲は結婚と違い、お互いになんの責任も発生しません。

結婚のためのお試し期間と捉えているカップルも多いでしょう。

実は、これこそが落とし穴なんです。

お試し期間という事は、何かお互いに都合の悪い事が出てきた時に、すぐに別れを選択できるという事です。

結婚では、価値観のズレなどが発生したり、相手の重大な秘密が明らかになっても、責任があるので、修復のためにお互いが努力をします。

けれど、同棲では、努力ではなく、別れを選択してしまうのです。

実際に、私と夫も同棲中、お互いを分かり合う努力をせず、感情に任せて何度も別れ話をしてきました。

 

同棲デメリット②結婚が遠のく

女性にとっての大きなマイナスポイントが、結婚が遠のくという事です。

男性は、結婚に対して、大きな責任を背負う事になります。

なので、出来ればそんな責任を背負わずに、楽な方向へ流れようとします。

同棲していい感じになると、男性は、結婚を決意するのではなく、「現状維持」を掲げ出すのです。

実際、結婚の話がなあなあになり、ズルズルと同棲した末に別れてしまうカップルがたくさんいます。

同棲は、男性から結婚の意欲を奪ってしまいかねないのです。

 

同棲デメリット③異性としての意識が下がる

そして、もう一つ恐ろしい事実が、同棲をすると異性としての意識が低下するという事実です。

週に何回しか会えない状況では、会う時に相手によく思われたいと思い、お互いに努力をします。

けれど、同棲をすると、相手の存在が日常になり、気の緩みがどうしても出てきます。

日常生活で努力し続けるなんてしんどいですよね。

また、相手の存在に慣れてしまう事で、男女としての意識から家族や兄弟としての意識に変わってくるケースもあります。

結婚前なのに、セックスレスで悩む同棲カップルはたくさんいるんですよ。

 

 

結論!同棲には慎重になるべし!

8db460a4e0242e127cdf1f5b1ae856c0_s

では、結局、同棲はした方が良いのか悪いのかどっちなのでしょうか。

結論を言いますと、同棲には慎重になるべきです。

ある条件が揃った状態で同棲をしなければ、破局する確率の方が高くなるでしょう。

 

結論①考えなしで同棲に踏みきってはいけない

寂しいから、もっと彼氏と一緒にいたいからという安易な考えだけで同棲するのは、あまりオススメしません。

軽い気持ちで同棲すると、それだけお互いに責任感を感じていない状態で同棲がスタートします。

そのため、ちょっとしたすれ違いで破局になってしまう事が多いのです。

また、上手くいっても、結婚がなあなあな雰囲気になり、遠ざかってしまいます。

結婚したいという女性には、絶対に考えなしの同棲はオススメできません。

 

結論②同棲をするなら親の挨拶を済ませてから

では、同棲はしない方がいいのかというとそうでもありません。

同棲のメリットを考えると、結婚を前提にしたお付き合いで相手の最終チェックを考えている方にはオススメです。

ですが、この場合、親に挨拶を済ませ、結婚の具体的な展望を話し合ってから同棲を始めるべきです。

親に挨拶を済ませておく事で、ちょっとしたすれ違いや価値観のズレに対して、すぐに別れるのではなく、お互いに努力できるようになります。

それでも、我慢できないほどの相性の悪さを感じた時に、破局という選択をすればよいのです。

 

 

最後に

私たち夫婦も、同棲前に両親に挨拶し、スタートしました。

だからこそ、何回も別れ話が出ても踏み止まり、なあなあな関係になる事なく、結婚までこぎつけられたのだと思います。

赤の他人が一緒に暮らす事は、そう簡単な事ではありません。

同棲を考えているカップルの方は、どうぞ今回ご紹介したメリットとデメリットをよく吟味してくださいね。

 





よく読まれている記事