実録!「なるほど」は失礼!?知らないと恥ずかしい大人のビジネス敬語

彼女の前で仕事の電話をして、

「仕事できる俺ってちょっとイケてる?」と、かっこつけた経験がありませんか?

でも「何その言葉!おかしくない?」というレベルでは、

ドン引きされて終わりという可能性もありますよ。

今回は、そんな知らないと恥ずかしいビジネス敬語についてのお話です。

 

目次

 

「なるほど」「じゃぁ」「ちょっと」の危険

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

 

目上の人に「なるほど」は失礼

これは、私が勤めていた会社で年配の女性に注意されたエピソードです。

作業の引き継ぎで色々と教えてもらっているときに、

「なるほど~」とうなずきながら聞いていた私。

するとその女性から、「あなたさっきからそれ失礼よ」と注意され、

すごくビックリしたのを覚えています。

その日の夜、早速ネットで調べてみました。

相手がいっていることを「評価」していることにもなる言葉であるため、

お客様や目上の人が発言した内容に対して「なるほど」と言うのは

大変失礼な行為にあたります。

参考URL:http://and-plus.net/

やっぱり「なるほど」と言ってしまうと、目上の人に対しては失礼にあたるとのこと。

では、何と言えばよいのでしょうか?

例えば、今回の場合は仕事を教えてもらっていて、

自分が納得していることを表現したかったわけですよね。

そういうときは、

「そうなんですね」「分かりました」「勉強になります」と言えばOKでしょう。

 

「じゃぁ」「ちょっと」はNG

今度は、社内で聞こえた会話から。

「じゃぁ○時にお待ちしております」「ちょっと待ってくださいね」

それは敬語としてはどうなの?と思ってしまいました。

「じゃぁ」「では」
「ちょっと」「少々」と言うのが丁寧ですよね。

社会人として、この程度の敬語を使いこなせないのは、恥ずかしいことだと感じます。

よくある間違った敬語変換

ec72557403f644f38ae628764a1584b5_s

 

「着かれました」にビックリ

これも社内で聞こえた言葉です。

打ち合わせをするために来て下さった取引先の方が「到着した」と連絡をしてきたとき、

ある同僚は「あ、もう着かれましたか」と言いました。

ちょっと違和感がありますよね。

正しくは「到着されましたか」「お着きになりましたか」と言います。

普段から使っていない言葉だからこそ、とっさに出てしまうのが怖いところ。

迷ったときは「お早いですね」「分かりました」「すぐに行きます」など、

使い慣れている言葉で対応するのがよいでしょう。

 

携帯を「ご携帯」?

敬語のむずかしさは、“ご”、“お”をどう付けるかというところにもあります。

ある日、

「今から私のご携帯を教えますので、その番号にかけてもらえれば大丈夫です」

という会話を聞きました。

自分の持ち物に対して“ご”を付ける必要は全くありません。

ここで、電話をかけたときに使いがちな、間違った敬語も一緒にご紹介します。

それは「○○様のご携帯でよろしいでしょうか?」と言う言葉。

この場合“電話口に出ているのは○○さんですか?”ということを確かめたいので、

「○○様ですか?」「○○様でいらっしゃいますか?」と尋ねればOKです。

 

 

番外編?関西独特の語尾「ね」

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s
大阪出身の同僚が注意されていた話もご紹介しましょう。

彼は語尾に「ね」を付ける癖がありました。

「あのね~」「あ、これはね~」「それでね~」「そうなんですよね~」「ちょっとね~」など、

何かにつけて語尾に「ね」が付いてしまうんです。

これは、関西ではとくに問題になることはないようですが、

それ以外の地域の場合、

本人は普通に敬語として話しているつもりでも、

目上の人に対して失礼にあたることが多いです。

関西出身の方、関西以外の職場では注意して下さいね。

参考URL:http://j-town.net/

 

 

おわりに

先輩や上司と仲良くなってくると、
親近感をもちつつ、敬意を払いながら使う敬語となるので、余計に難しい気がします。

まだ20代だから間違っても許してもらえるよね!と油断しているそこのキミ。

今から練習しておかないと、10年後にはおかしな敬語を使うオッサンになっているかも!?

 

よく読まれている記事