マニキュアとジェルネイルの違いは?自分に似合うネイルを見つけよう!

女性の指先を美しくさせる、マニキュアジェルネイル

この2つの違いを知っていますか?

ネイルの持ち、におい、時間や料金など、

それぞれの特徴を知って、自分に合った美しさを取り入れましょう!

 

目次

 

マニキュアの特徴

90140413d2aae9a260b3a3592d5b5639_s
マニキュアは、何十年も前から親しまれてきたネイル。

最近では、100円均一で購入できるなど手軽なモノも登場し、

子どもから大人まで気軽に楽しめます。

 

やり方

マニキュアは、自分で簡単にできるネイルです。

ベースとなるやり方は、次のとおりです。

  1. 下準備……甘皮を処理し、爪を整える。ネイルを長持ちさせる
  2. ベースコート……爪の保護。これを塗る事で、爪への色素沈着も防ぐ
  3. マニュキア……自分の好きな色、デコレーションを行う
  4. トップコート……ツヤを出し、長持ちさせてくれる

なお、下準備はファイリングといって、自分ではしない人も多く、

ネイルサロンで、このファイリングだけを行う人もいます。

 

オフは簡単

オフの仕方は、除光液で落とすだけ

コットンに付ければ、するっと簡単に取ることができます。

除光液のアルコールのにおいが苦手な人は、指を液に浸すタイプを試してみてください。

 

メリットはコレ

ネイルのメリットは、

  • 低価格でできる
  • 自分でできる
  • 簡単に落とせる

つまり、簡単にできるということ。

組み合わせて使う、デコレーションやシールも安く販売しているので、

楽しみ方は広がります

サロンでネイルを行っても、自宅でオフできるため、継続して通う必要もありません。

何に置いても手軽。これが大きなメリットですね。

 

デメリット

一方でマニキュアは、

においと、乾くのに時間がかかるのがデメリットです。

このにおいが苦手な人は多く、家族と一緒に住んでいる人は嫌がられることもしばしば。

また、乾く時間がとても長く、両手にやると約1時間は何もできない状態が続きます。

表面が乾いているだけで、実際全部乾く時間は24時間とも!

急いでいるときや、主婦にはなかなかむずかしいでしょう。

また、数日で落ちてしまうのもデメリットです。

 

ジェルネイルの特徴

46aded74ca3d9d0ae6eac6846f9655ab_s
最大の特徴は、落ちにくく長持ちすること。

元々はサロンで行うものでしたが、

最近では自宅で自分もできるようになって来たほど、浸透しています。

多くの人に愛される人気のネイルです。

 

やり方

塗り方の工程自体は、マニキュアと変わりません。

ただ、塗った後に必ず、照射して乾かす必要があります。

照射と聞くと危ないイメージがありますが、

極端に熱いということもなく、安心して行うことができます。

 

オフは複雑

マニキュアのように除光液では簡単に落ちず、工程が少しややこしいです。

  1. ジェルネイルの表面をやすりで削る
  2. 爪にオフ剤を付けたコットンを置き、15分から20分待つ
  3. 爪をアルミホイルでまく
  4. 削って取る

削り取る前に、うまくジェルが浮き上がっていなければ、

また同じ工程を行わなければならないので、時間がかかってしまいます。

さらに、場合によっては爪の表面が削られ、爪を痛めてしまうことも。

 

メリット

何といってもジェルネイルは、

  • 長持ちする
  • においが気にならない
  • 乾く時間が一瞬

こんなメリットがあります。

どれも、マニキュアのデメリットとなる部分ですね。

生活スタイルによっては、ジェルネイルのほうがやりやすいという人も多いでしょう。

 

デメリット

ジェルネイルは、どうしてもお金がかかってしまいます。

また、オフの時間が長くかかることもデメリットです。

長ければ1時間かかることもあり、ていねいに作業しなければ、爪はボロボロに…。

サロンにオフだけを頼みに行っても、低価格の所でも1000円以上はしてしまいます。

 

 

まとめ

たとえば週末しかネイルができない人や、サロンに通う時間がない人もいれば、

お金をかけてでもとにかく長持ちさせたい人など、希望はそれぞれにあると思います。

マニキュアとジェルネイル、自分に合った方法で、指先から美しくなりたいですね!

 

よく読まれている記事