HMBサプリを飲んでいるけどアルコール摂取しても大丈夫?肝臓や胃への負担は?

雑誌やテレビを見ていると、最近は男性のみならず女性も、

  • 筋トレ
  • ボディメイキング

に対する関心が高まっているようですね。

中には筋トレ後の一杯がたまらない!

なんていう人もいる様です。

しかし…、筋トレ後にアルコールって…

せっかくトレーニングした筋肉への影響はないのでしょうか?

また、ボディメイキングに関心のある人の中には、HMBというサプリを使用している人は少なくありません。

HMBが気になっていて使用を検討中、なんていう人も同様にいるでしょう。

そこで気になるのがHMBサプリとアルコールの関係です。

HMBを飲みながらアルコールを摂取しても、特に問題はないのでしょうか?

今回はそんな、

  • アルコールと筋トレ
  • そしてHMBとアルコール

の関係についてのお話です。

HMBを知らない人にも、わかりやすくHMBの効果を説明させていただきますね!

 

目次

 

アルコールを飲むと何が起こる?

みんな大好きアルコール。

美味しいお酒は、

  • 気分を高揚させてくれ
  • 少量であれば体に良い

と言われています。

実際、アルコールを飲むと私たちの体の中では何が起こるのでしょうか?

 

アルコールの分解過程

アルコールを摂取すると、

  • 一部は胃で
  • 大部分は小腸など

で吸収されます。

血中に入ったアルコールはそのまま肝臓へ運ばれて、そこで本格的なアルコール分解が行われるのです。

肝臓に存在する酵素の働きによりアルコールは、

  • まずはアセトアルデヒドに
  • その後さらに分解され酢酸へ

と分解されていきます。

酢酸は人体にとって無害であり、

血液に溶け込んで全身を巡りながら、最終的に水と二酸化炭素になって体外に排出されます。

これが、アルコールの分解過程。

ちなみに、分解過程で出てくるアセトアルデヒドは一般に

  • 悪酔い
  • 二日酔い

の原因と言われている有害物質です。

肝臓の働きが弱くなったり飲酒量が極端に増えるとアセトアルデヒド量が大幅に増えてしまい、

  • 顔が赤くなったり
  • 吐き気
  • 頭痛

などの体の変調をきたしてしまいます。

 

内臓や筋肉への負担は?

では、アルコールは内臓や筋肉にどのように影響するのでしょうか。

なにか負担がかかるのでしょうか?

内臓に関しては、アルコールが負担になることはもはや一般論ですね。

アルコールの分解においては主に肝臓の働きが大きく、過度の飲酒は肝臓に大きな負担をかけることになります。

もちろん、飲み過ぎは胃や小腸にもよくありません。

そして、個人差はありますが、肝臓のアルコール分解能にはある程度限界があります。

必死でアルコールをアセトアルデヒドに分解する肝臓にも、そのキャパを超えることがあるのです。

分解できなくなったアルコールはどうなるのかというと、そのまま血中に溶け込みます。

そして

  • 中枢神経
  • 筋肉

に悪影響を及ぼしてしまうのです。

具体的に言うと、なんと筋肉をもろに分解してしまうのだとか!

アルコールは筋肉にとって負担どころか、破壊そのものを招く存在なのです!

 

筋トレに関わらず過度な飲酒は控えましょう!

少量かつ適度なアルコールは、

  • 食欲増進
  • 動脈硬化を防ぐ効果

があるなど健康面にとってむしろプラスの働きをすることがわかっています。

ほろ酔い程度のアルコールであれば、筋肉への影響もほとんどないと言えるでしょう。

しかし、飲み過ぎは、

  • 筋肉に悪影響を与え
  • さらに健康にも多大な被害を及ぼす

と言ったリスクがあります。

筋トレをしている、していないに関わらず、健康のために過度なアルコールは控えるようにしましょう!

 

 

HMBを飲むと何が起こる?

次はHMBについてのお話です。

HMBとは、筋トレをしている人やダイエットをしている人に最近人気のサプリメント。

一体どんな効果があるのでしょうか?

また、内臓への影響は?

 

HMBの効果

HMBの効果を簡単に言うと、

筋肉を作るぞ!筋肉の分解は断固反対!

というような信号をだす成分。

HMBがあれば

  • 効率的な筋肉増強
  • 筋肉の分解防止
  • 筋肉修復の促進

などの効果を期待できます。

本来これらは、主にプロテイン(たんぱく質)の分解によって作られる必須アミノ酸・ロイシンの役割で、HMBはロイシンの代謝産物です。

しかし、プロテインからロイシン、そしてHMBに至るまでにはいくつもの過程を経なければなりませんし、

HMBをたくさん作ろうとすると大量のプロテインが必要になります。

だったら、最初からHMBだけ摂取してしまえ!

というわけで開発されたのがHMBサプリ。

HMBサプリを使用すれば今まで通りの負荷でも今まで以上の筋肉増強効果を期待できますし、

筋肉の疲労回復効果もあって、かなり効率的にトレーニングができるというわけなのです!

 

HMBは内臓に負担をかけるのか?

では、HMBサプリには筋肉に働きかける以外に体に影響はないのでしょうか?

継続してサプリを飲み続けるなら、胃や肝臓などの内臓への影響も心配ですよね。

結論から言うと、内臓への悪影響はありません。

何故なら、サプリメントは健康食品であり薬ではないから。

そもそもHMBは日々体内でも作られるものです。

足りない分をサプリとして摂取しても、その摂取量をきちんと守れば体に悪影響が出ることはありません。

だからHMBサプリの使用に不安を感じる人でも大丈夫!

HMBは何も怖いものではありません。

安心して使用してくださいね。

 

注意書きはよく読むこと!

ただし、そんなHMBサプリだって、使用方法を間違えれば体に何かしらの影響を与えることも十分に考えられます。

特に気を付けたいのは、過剰摂取。

体にとって余剰となりすぎる成分をたくさん摂取すれば、それが胃や肝臓などに負担をかける可能性は大いにあり得ます。

これはHMBに限らず、サプリメントであればなんでもそう。

過ぎたるは及ばざるがごとし、と言います。

記載の注意書きをよく読み、特に摂取量はきちんと守るようにしましょうね。

 

アルコールとHMBの併用は?

最後に、

  • アルコール
  • HMB

の併用についてです。

これについては、それほど神経質になりすぎる必要はないと言えるでしょう。

ただ、繰り返しになりますが、どちらも過剰に摂取しすぎるのはNG。

過度なアルコールで弱っている内臓に大量のHMBサプリがどのように影響するのか詳細なデータはありませんが、

ポジティブな効果を得られる可能性は限りなく低いと言えます。

また、せっかくHMBを使って効率的に鍛えた筋肉も、

たった一晩アルコールで羽目を外しただけで分解されてなくなってしまう可能性だってあります。

アルコールとHMBの併用そのものは問題ありませんが、

二つを過度に摂取した状態は、内臓への悪影響及び筋トレ効果の阻害に繋がると考えられるということですね。

お酒を楽しむときは、

  • アルコールが筋肉に与える影響
  • HMBサプリの効果を阻害する可能性

を十分に理解した上で節度を持って楽しむこと。

「ちょっと飲み過ぎちゃったな」なんていうときは、

内臓を労わりつつ翌日以降のトレーニングで調整するなど工夫をするのも賢いやり方ですね。

 

 

おわりに

今回は筋トレとアルコール、そしてHMBサプリとアルコールに関するお話でした。

よくある誤解なのですが、

HMBは筋肉増強剤などではなく、食品です。

ですので、体への影響が食品の域を出ることはありません。

使用量を守れば体に悪影響が出ることはないのです。

よって、アルコールとの併用も基本は問題なし。

しかし、過度のアルコールは内臓や筋肉に大きな負担をかけます。

アルコールとHMBを併用して具合が悪くなった!なんていう人は、

そのほとんどがアルコールによるものだと考えられますね。

しかし、HMBだって過度に摂取すれば内臓に何らかの影響を与えることもあり得ます。

健康のためにも、過度の飲酒は控えること。

そしてサプリメントの使用量はきちんと守るようにしてくださいね!

 

よく読まれている記事