正中線って消えるの?正中線を消すポイント10個と原因6つ。

妊娠してお腹が大きくなると、茶色い正中線が見えてくることがあります。

この正中線って結構目だって恥ずかしかったり、産後もすぐには消えず、ママたちの悩みの種です。

正中線の予防、消し方など、様々な視点から、正中線について詳しく説明します。

目次

 
 

正中線って何?

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s
人間は、母親のお腹のなかで成長するときに顔や体など器官がつくられます。

この時、左右にある細胞が少しずつつながって器官が形成されます。

正中線は、まさに、この左右の接合部分を示す線です。

つまり、正中線は、人間誰しも持っている線であり、「見えるか」、「見えないか」は個人差です。
 

お腹のおへそあたりにできる縦の一直線

「正中線」は、お腹のおへそあたりにできる縦の一直線を示します。

色は、皮膚よりも濃い色で薄い茶色のような色が多いようです。

なお、医学用語の「正中」とは、体の左右の真ん中のラインという意味で、お腹だけでなく、頭部や胴体(背中)も含めて使っているようです。

歯医者さんは、上の歯の正中と下の歯の正中をみてかみ合わせをチェックしているようですよ。
 

いつから出ていつ頃消えるのか

「正中線」はいつ出てくるのでしょうか?

まずはホルモンの影響によるもので出て来るようですので、ホルモン量が多いと見えてきて、ホルモン量が減ると(妊娠前くらいに戻ると)消えるようです。

大体ですが、妊娠7ヶ月頃から、うっすらと現れ、産後1年後(又は生理再開後)にうっすらとだんだん消えていくようです。

 
 

正中線で性別の見分けはできる?

cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_s
正中線で赤ちゃんの性別の見分けが分かるというジンクスがあるようです。

科学的根拠はないようですが、一種の占いと思って楽しんでみてはいかがでしょうか?
 

正中線の濃淡

正中線が濃くくっきり出た場合は男の子、正中線が薄い場合は女の子の可能性が高いようです。
 

正中線のライン

正中線のラインがまっすぐの場合は、男の子

途中で曲がっている場合は女の子の可能性が高いようです。
 

次の子の性別も分かる?

生まれた赤ちゃんの正中線が、緒へその下に薄茶色の場合は、次の子は男の子

生まれた赤ちゃんに正中線が無い場合、次の子は女の子の可能性が高いようです。

 
 

正中線と妊娠線の違い

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_s

正中線

正中線は、胎児の器官形成期に人体の左右の接合部分を示す線であり、妊娠、産後に目立つ線です。

正中線は、ホルモンバランスが戻るころに、ほぼ消えるか目立たなくなります。

妊娠線

一方、妊娠線は、皮膚の組織の裂け目であり、妊娠によって急激にお腹が大きくなるときにできる線です。

肉割線とも言われています。

妊娠線は、一度できたら薄くはなりますが完全に消えません。

 
 

正中線の原因5つ

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s
さて、正中線の原因は何でしょうか?

ずばり、正中線の原因は、「メラニン」です!
 

メラニンの分泌が多くなり目立つようになる

妊娠すると、メラニンの分泌が多くなり、もともと人体に備わる正中線が黒ずんで目立つようになってしまいます。
 

摩擦などによるダメージにより黒ずむ

お腹が大きくなると、洋服との摩擦ができやすくなり、肌に刺激が多く与えられることによってメラニン色素が沈着してしまいます。
 

肌の乾燥

妊娠中、産後は肌がとても乾燥しやすく、ダメージを受けやすい状態です。

つまり、黒ずみやすい肌質になっています。
 

メラニン色素って何?

そもそも、メラニン(メラニン色素)って何?という方も多いと思いますので、簡単に説明します。

Q)メラニンって何?

A)肌の色を決定する要素であり、太陽からの紫外線を吸収するものです。つまり、正常な細胞を紫外線から守る働きをしています。
メラニンは、例えば、紫外線による皮膚がんの発生を未然に防いでくれます。

Q)メラニンって正中線の原因になるの?

A)妊娠中や産後は、メラニンが過剰に発生します。過剰に発生することで、正中線となって現れます。
なお、メラニンが過剰に発生するという点で、正中線としてではなく、お腹周りにそばかすがでることもあります。
 

生まれつき正中線が見えることもある

生まれつき正中線が見えることもあります。

子どものお腹をじっくりみてみると、うっすらと線があることもあります。

成長とともに消えることが多いようですが、まれに、ずっと残る場合もあるようです。

 
 

正中線を消すためのポイント10個

e0f22d6017429b54047c5e2bc85a0fa0_s
まずは、できてしまった正中線を消すためのポイントを紹介します!
 

美白する

正中線はメラニンが原因なので、メラニン色素を消す、薄くするなどの「美白」を意識しましょう。

美白成分を促す成分としては、「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」があります
 

ハイドロキノン

「ハイドロキノン」は、簡単にいうとシミを薄くする、または、シミを予防することができる成分です。

ここで重要事項として、「ハイドロキノン」は、配分量によって妊娠中、授乳中で使えないものもあります。

美白化粧品の販売会社や皮膚科に問い合わせてから、使用するようにしましょう。

また、パッチテストを必ず行いましょう。
 

ビタミンC誘導体

「ビタミンC誘導体」は、ビタミンCの力、つまり、抗酸化作用、美白の力を壊さずに、ビタミンCの力を安定化させた成分です。

妊娠中でも安心して使える成分のようです。
 

トラネキサム酸

「トラネキサム酸」は、シミを改善し、予防する効果のある成分です。

止血を目的として使われていたようですが、近年は、肝斑の治療として用いられています。

しかし、もともとは出血を防ぐ薬として用いられていましたので、血液が溶けにくくなる副作用があります。

心筋梗塞、脳血栓等の血栓症の病気のある人は医師に問い合わせてから、使用するようにしましょう。

 

保湿する

お肌の再生には3ヶ月かかります。

まずは、3ヶ月かけて毎日保湿することを検討しましょう。

保湿剤は、オイル(ホホバオイル)、シアバターなど、無添加で天然成分100%のものや、正中線専用のクリームなどがよいでしょう。

 

お腹を温める、入浴する

妊娠中や産後は乾燥しやすく、肌が硬くなりダメージを受けやすくなります。

腹巻をしたり、お風呂に入るなどして、温めて保湿しましょう。

 

お腹を手でやさしく洗う

手でマッサージするようにお腹を洗いましょう。

硬いタオルであらうと、肌にダメージを与えてしまうからです。

なお、正中線を力づくでは消えません。垢すりみたいに擦ったりするのはやめましょう。

 

ストレス発散

妊娠中や産後は、慣れない生活にストレスが溜まり易くなっています。

自分の好きなことをして、ゆっくりとすごしましょう。

 

睡眠

赤ちゃんが寝ているときは、一緒に寝るように心がけましょう。

睡眠は肌のターンオーバーを促し、ストレスも軽減されます。

 

ターンオーバーを促す食品をとる

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セラミドを積極的にとりましょう。
 

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚の粘膜、視覚の正常維持につとめています。

レバーやうなぎ、ギンダラなど動物性食品に含まれているので、積極的にとるように心がけましょう。
 

ビタミンB郡

ビタミンB群は、エネルギーをつくりだすときに必要となる要素です。

ビタミンB群は、ビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、など、複数の要素がありますが、一緒に摂ると、お互いの要素が助け合いよい効果が発揮されます。

ビタミンB群や動物性、植物性食品に含まれています。

豚、大豆、卵、うなぎ、玄米、レバーなどバランスとるとよいでしょう。
 

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの合成に必要な要素で、メラニン色素の合成を抑える効果があります。

ビタミンCは2~3時間が排出され、熱に弱いので、朝、昼、夜と分散して摂取し、熱を加えないように食べるようにしましょう。

赤ピーマン、黄ピーマンに多く含まれていますが、果物(イチゴ、柿、キウイフルーツ)にも多く含まれています。
 

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用があり、体の酸化を防ぐことができ、体を守る作用があります。アーモンドやナッツの植物油、うなぎ、たらこ、アボガドなどに多く含まれています。
 

亜鉛

亜鉛は、酵素の活性化、細胞分裂や新陳代謝をうながします。亜鉛は、かき、レバー、うなぎに多く含まれています。
 

セラミド

セラミドは、皮膚の角質層の中で生成され、肌の水分保持機能やバリア機能を保つ役割を果たします。

セラミドが不足すると乾燥肌になり、黒ジミなどのトラブルの原因になります。

セラミドは、こんにゃく、黒豆、小豆、ひじき、わかめ、ごぼう、そばなどに含まれています。

 

サプリメントの摂取

上述したような栄養素を毎日取得するのは大変です。

子育てに追われていると、毎日の料理は大変でしょう。

手軽に栄養素を摂取するにはサプリメントがよいでしょう。

ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セラミドなどのサプリメントを摂取しましょう。

 

レーザー治療

レーザーを宛てて、肌の再生や促進を促しきれいな皮膚にする方法があります。

詳しくは美容専門、皮膚科に問い合わせてみましょう。

 

自然に消えるのを待つ

ホルモンが正常化し、メラニンの分泌が通常時に戻ると、正中線は自然に消えます。

産後1~2年経過すると消えますので、焦らずに待つことも有効でしょう。

 
 

正中線を予防するためのポイント

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_s
正中線の予防ポイントは、正中線を消すポイントと同じです。

つまり、保湿、お腹を温める、入浴する、お腹を手でやさしく洗う、ストレス発散、睡眠、ターンオーバーを促す食品をとる、サプリメントの摂取です。

妊娠中から入念にケアすることで、正中線が早く消えることもあるようです。

特に、妊娠初期につわりがひどく栄養面でのバランスがとれていない人は、つわり終了後、ターンオーバーを促す食品をとるようにしましょう。

また、妊娠中は、授乳中よりも肌に塗る化粧品、薬剤に注意しなければなりません。

美白成分を使う化粧品、サプリメントについては、医師、看護士、助産師に確認し、化粧品についてはパッチテストを必ず行いましょう。

 
 

体験談や他のママの意見

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s
筆者の体験談や他のママの意見を紹介します。

 

筆者の体験談

私は妊娠中期頃(7~8ヶ月頃)からうっすらと正中線がでてきました。

どちらかというと感激というか、妊婦らしさが出てきて喜んでいました。

出産時期~産後3ヶ月が正中線の色が一番濃い状態だったと思います。

産後4ヶ月頃から、正中線の色薄くなり、産後1年で、うっすら程度になりましたが、まだ正中線があるとわかる感じでした。

さすがに1年経っても消えないと不安になりました。幸い、産後2年で全く見えない状態になり安心しました。

予防対策は保湿をしていました、ホホバオイルなどのオイルを、お腹まわりに塗っていました。

当初の目的は妊娠線予防でしたが、正中線予防にもなっていたかもしれません。

産後は、育児に追われて、何もやっていませんでした。

今思えば、正中線に特化した商品を早く塗っておけば、もっと早い時期に消えたのではないか、と思っています。

  

他のママの意見

妊娠6ヶ月ぐらいから産後半年程度までの間正中線がありました。
妊娠8ヶ月~産後3ヶ月ぐらいのときが一番濃く、くっきりと正中線がありました。
私も出産をしたらすぐに正中線は消えると思っていたので、産後3ヶ月のときにくっきり残っていて焦りを感じ、妊娠線用のクリームを毎日朝と夜に正中線に沿ってぬりました。
その効果があってか、産後半年のときには、ほとんど気にならない程度まで薄くなりました。
(ゆうくんママ25歳・7ヶ月息子・愛知県在住)
引用:http://happy-ikuji.net/

→保湿は正中線を消す効果が高いようですね。産後、クリームを毎日朝と夜に塗った方が早く消えるようです。

妊娠が分かった頃、妊娠3ヶ月位から目立つようになりました。
目立たなくなったのは、出産を終えて1ヶ月もすると綺麗に消えていました。
妊娠線の予防の為にクリームは塗っていましたが、正中線はよく知らずにただ不思議で、消えるものなのかも分からず過ごしました。
産後、驚く位綺麗に消えていて、赤ちゃんがいる印だったのかなと思いました。
(ぺぃ29歳・2歳息子・長野県在住)』
引用:http://happy-ikuji.net/

→産後1ヶ月で綺麗に消える人もいるのだなあ、と思いました、やはり、クリームを妊娠時から塗っているのがよいのでしょうか。

私の場合は、正中線ができ始めたのが妊娠8ヶ月くらいからです。
臨月から出産して3ヶ月くらいまで特に目立ちました。
正中線ができないようにクリームを塗っていましたが、双子ということもあり正中線ができてしまいました。
諦めずクリームを毎日塗っていました。
2年たちますがきれいになりました。
(まろんこ26歳・2歳子ども・秋田県在住)』
引用:http://happy-ikuji.net/

→双子の妊娠ですと、正中線が更に目立ちそうですが、毎日クリームを塗ることで綺麗になるようですね。

 
 

正中線予防のオススメグッズ

S__16654338
正中線の予防時期は、妊娠初期~妊娠中期です。

正中線を少しでも薄くするように、予防しましょう!

 
 

メイドバイマム クリームを塗る

まずは、お腹を保湿することに心がけましょう。お気に入りの保湿クリーム、オイルでもよいですが、正中線に特化した「メイドバイマム クリーム」がおすすめです。

⇒メイドバイマムの公式サイトっ♪

⇒メイドバイマムの詳細記事

なお、保湿剤を塗る場所ですが、しっかりと、おへその上側、下側にかけて塗るようにしましょう。

妊娠線を意識しておへその下側だけに保湿剤を塗る人が多いですが、おへその上側もしっかり塗るようにしましょう。

なお、妊娠初期は、お腹の赤ちゃんの器官形成時です。

経口の薬は禁止時期ですので、化粧品についても敏感になった方がよいでしょう。

不安な場合な、妊婦検診の際に、医師や助産師に、使用中の保湿クリーム、オイルを塗ってよいか相談しましょう。

つわりがひどく、香料やクリームの香りに耐えられない人には、無臭の保湿剤(ホホバオイルなど)がおすすめです。

  

美白効果のある栄養素をとる

本当はサプリメントをお勧めしたかったのですが、妊娠初期~中期は、サプリメントなども摂取してよいか、不安になるところです。

ですので、まずは、食品から

  • ビタミンA(うなぎ、ギンダラなど)
  • ビタミンB群(豚、大豆製品、卵、うなぎ、玄米、レバーなど)
  • ビタミンC(赤ピーマン、黄ピーマン、果物など)
  • ビタミンE(ナッツなどの植物油、うなぎ、たらこ、アボガド)
  • 亜鉛(かき、レバー、うなぎなど)
  • セラミド(こんにゃくなど)

の栄養素をとるように心がけましょう。

妊娠初期は、つわりがひどい時期です。

食事内容を工夫して少しでも食べれそうな物を摂取しましょう。

果物(ビタミンC)や、豆腐(ビタミンB群)、こんにゃく素麺(セラミド)、プリン(ビタミンA)など食べやすいかもしれません。

  

腹巻

妊娠初期~妊娠中期は、つわりがひどく、入浴することは難しいかもしれません。

腹巻をしてお腹を温めることをおすすめします。

お腹を温めると保湿効果が生じ、肌のダメージを防ぐことができるからです。

  

妊婦服、妊婦下着

妊娠初期~妊娠中期は、妊娠前の下着や衣類を着ている方が多いと思いますが、早めに妊婦服、妊婦下着を着ることをおすすめします。

衣類と肌との摩擦を少なくできるからです。

締め付けのない妊婦下着、ゆったりと楽な妊婦服を着ましょう。

 
 

正中線を消すオススメグッズ

妊娠後期~産後になると、できた正中線を消す対策が必要です。

  

メイドバイマム クリーム

メイドバイマムは、正中線に特化したクリームです。

原因であるメラニンを抑制することができます。

メイドバイマムは、「トラネキサム酸」入りなので、黒ずみを薄くし、美白することができます。

また、「グリチルリチン酸2K」という、肌荒れを防止する成分も入っていますので、潤いを保つことができます。
メイドバイマムは、合成・香料・着色料・鉱物油、パラベン、アルコールは無添加です。

更に、メイドバイマムは国内工場で製造されているので、とても安心です。

実際に試しに使ってみました。
これがメイドバイマムです。
S__16654338

まず、メイドバイマムは、ぱっと見、正中線クリームには見えないですよね。

旦那さんに気づかれることはなさそうです。

size
また、コンパクトサイズです。縦の長さは、約15センチくらいです。持ち運びに便利ですので、実家に帰省するときも、簡単に持ち運べそうです。

cream
クリームは柔らかい質感で、乳液のように肌に馴染みやすい感じです。

また、伸びがよいので、この写真の使用量で、おへその上下全体に伸ばして使用することができます。

商品の説明によると、朝と夜に塗るのが良いようです。

医薬っぽい匂いはなく、優しい香りが少ししました。

服を着ると全く匂いませんので、飽きがなく継続して使用できそうです。

seibun1

seibun2

成分表示です。
【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2-ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2-ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

⇒メイドバイマムの公式サイトっ♪

 
 

美白効果のあるサプリメントを摂取する

美白効果のある

  • ビタミンA
  • ビタミンB郡
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • セラミド

のサプリメントを摂取しましょう。

ただし、妊娠中、授乳中は、医師や助産師にサプリメントを摂取してよいか、確認してみましょう。

 
 

美白効果の化粧品を塗る

美白成分を促す成分のある「ハイドロキノン」「ビタミンC誘導体」「トラネキサム酸」を含む化粧品があれば、正中線に塗ってみましょう。

なお、妊娠中、授乳中は、医師や助産師に化粧品を塗ってよいか、確認してみましょう。

 
 

まとめ

正中線を消すためには美白を意識しましょう。専用の正中線のクリームを使用するのがお勧めです。また、美白を促す食品を摂取するように心がけましょう。





よく読まれている記事